顔のシミを消す方法

顔のシミを消す方法って?一番効果の高い方法とは?

top2

top1

結局一番顔のシミに効果があった化粧品は?【私の結論!】

top1

bglentop

【本当にシミが薄くなった!&美肌にも♪】

私が実際に使ってみて一番効果があったのがビーグレンの「シミ・くすみ・美白」のせット。
◆漂白型ハイドロキノンで濃いシミにも!
◆シムホワイト377でメラニン発声を予防
◆ビタミンCがシミの原因活性酸素をケア
濃いシミ・肝斑にも効果が高いだけでなく、「毛穴が小さくなった」「ニキビにもよかった」などシミ消し以外にも嬉しい美肌効果も!!

 

top2

 

>>私のビーグレン体験レポートはこちら<<

 

arrow

公式へ

顔のシミを消したい!効果のあるシミ化粧品の見分け方のポイントとは?

ポイント

 

 

 

 

「ちゃんとケアしてるのにシミが消えない・・」その原因は効果ナシのダメコスメ

 

ではここからは具体的にどんな化粧品を使って行けば実際にシミが消えてくれるのか、紹介していきたいと思います。

 

まず、世の中に星の数ほど「美白化粧品」と言われるものはありますがその大半は継続して使ってもあまり効果が期待できないものが多いです。いわゆる

 

 

「なんちゃって美白コスメ」

 

 

ですね。これらの化粧品をどれだけ長く使っていたとしても残念ながらシミ改善には期待できないものは多いです。

 

そもそもシミ改善に効果があるとされている成分には限りがあります。

 

現段階において厚生労働省に認可されているのは

 

「トラネキサム酸」「ハイドロキノン」「ビタミンC誘導体」「プラセンタ」「アルブチン」「エラグ酸」「カモミラET」「リノール酸」「ルシノール」「T−AMCHA」の10種類。

 

シミ改善を狙う場合はこれらの成分が配合されているかどうかを見極めなくてはならないのです。

 

これらの成分が配合されていない「美白コスメ」は、美白は期待できません!!

 

 

美白成分の種類多すぎ!「どれを選べばいいの?」という方にオススメなのは…

 

上記の美白成分の中でも、特に今注目をされている成分なのが「ハイドロキノン」。

 

一般的な美白成分がメラニン色素を生成する段階でのプロセスを阻害するとか、メラニン色素の働きを抑えるとか、新陳代謝を促しターンオーバーを促進させるとか言った直接的ではないアプローチでのシミ対策なのに対して

 

ハイドロキノンは「シミの漂白剤」との異名を持つほどの強力にシミを消す効果があります。

 

その効果は一般的な美白コスメに良く用いられるビタミンC誘導体やアルブチンなどに比べると約100倍以上の効果があると言われているほど!!

 

圧倒的なシミ改善効果が期待できるのですね。

 

ただハイドロキノンはその性質上、酷く不安定な成分で

 

使い方を間違えてしまうと「白抜け」「白斑」「かぶれ」「色素沈着」などを起こしやすい・・。

 

ですので最近まで日本での認可が下りず、高いシミ改善効果があるにも拘らず医師の許可なくして使用することが難しかった・・と言う歴史があります。

 

そのことから現在においても使用するのが不安だ・・と感じる方も少なくありませんが近年の研究の結果、不安定であったハイドロキノン安定化させた「新安定型ハイドロキノン」が開発されたことによって化粧品の分野にも広く活用されるようになったのです。

 

もちろんシミ改善効果はそのままですから安全性の高いシミ漂白剤=新ハイドロキノンと言う事が言えるのですね。

 

新陳代謝を促すとかメラニン色素の働きを阻害するとかまったりゆったりしたシミアプローチではもう物足りないと言う方!!ぜひハイドロキノン配合の美白コスメを使ってみてください。
使えば使うほどに厄介なシミが薄くなっていく効果を実感することが出来るでしょう。

 

ハイドロキノン

 

海外ではシミのブリーチ材として最もよく用いられる成分。強力な漂白作用がある。
メラニン色素を生成する働きのある酵素「チロシナーゼ」の働きを阻害する働きがあり、
これから出来るシミにはもちろん、すでに出来てしまったシミ対策としても効果的である。

 

結論

 

rank

banner


ninki


arrow


公式へ

 


 
★私の体験談★ シミの原因は? コスメの選び方って? イチオシはこちら!